どれも知っておきたい3種類のネットワーク監視

侵入を検知するネットワーク監視

企業がネットワークを利用するのが当たり前になっている昨今、ネットワークのトラブルは致命傷にもなり得る問題です。世界中の人々に大きな影響を与えてしまうことも起こりえます。そこでネットワーク監視のシステムを導入するところが多くなっています。監視において最も大事な要素の1つが侵入を検知することです。自社のネットワークに侵入されると情報の漏洩、消去、複製などいずれも取り返しがつきにくいトラブルに繋がっていくので早急な検知が必要とされています。

サーバダウンを防ぐネットワーク監視

他にもネットワーク上の負荷を計測するシステムもあります。現代、インターネット上で扱う情報の量は莫大となっていてサーバはギリギリの状態となっていることも珍しくありません。ひとたびサーバがダウンしてしまうとたくさんの人々に影響を与え、企業への信頼を揺るがす事態になりかねません。そのため、サーバの負荷は365日絶え間なくしっかりと監視し、何か異常があればすぐに知らせるシステムを構築しておくことが大切です。

業務を円滑にするネットワーク監視

もう1つは社内ネットワークの接続に関する監視です。社内のネットワークでトラブルが発生すると業務が大きく滞ってしまい、生産性が落ちるだけでなく、顧客に対して対応できない事態も起こり得ます。そこで接続環境を常に監視し、トラブルを発生させないようにします。接続障害は思いもよらぬタイミングで発生することもあるので、細かい変化を見逃さない監視が必要なのです。今ではネットワークで情報共有を行っている企業が多く、ネットワークエラーによる影響は計り知れません。

ネットワーク監視とは、ネットワークの状態を確認する仕事です。モニターを眺めているのが主な仕事となります。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。