そこまで難しくはない!ネットワーク監視の作業

マニュアルが準備されている事がほとんど

新規でネットワーク監視を実施する場合以外は、既存の方法でネットワーク監視を行う事がほとんどなんですよ。その為マニュアルが準備されている事が非常に多いので、初めてネットワーク監視の作業を行う事になっても、無理なく作業を行える可能性が非常に高いんですよね。マニュアル通りにネットワーク監視を行えばいいので、特に難しい事はありませんよ。その為ネットワークエンジニアの方でも新人の方がよく担当する作業内容にもなっているんですよね。

24時間監視を行う事が非常に多い

ネットワーク監視で大変な部分としては、24時間監視を行わないといけない部分です。ネットワークは必ずしも昼間だけ利用している訳ではありません。昼間だけではなく夜中もネットワークを使用している事が非常に多いので、24時間監視を行う事がほとんどのケースになっているでしょう。昼間はそこまで辛さを感じないかもしれませんが、夜中のネットワーク監視は睡魔が発生するので、しっかりと睡眠を取って仕事を行わないといけないですね。

異常が発生した時はすぐに連絡もしくは処置を実施

万が一ネットワークに対して、異常が発生してしまった場合にはエンジニアに報告したり、処置を実施しなくてはいけないんですよね。ネットワークの異常が出たからといって、見逃したりすると深刻な事態が発生するのでくれぐれも注意してもらいたいですね。どんな異常でもネットワークにとっては、大きなダメージを与える可能性があります。そのような事態を事前に回避する為にも、異常時は誰よりも早い迅速な行動が求められてきますね。

コンフィグ管理では保守管理の管理業務の効率化を検討する企業において、費用対効果を考え圧倒的に支持されています。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。