何を気をつければいいの?ネットの誹謗中傷対策

個人情報をむやみに出さないようにしましょう

SNSやブログをやっていて誹謗中傷されたらどうしようと考えている人もいるかもしれませんね。誹謗中傷対策で一番大切なことはむやみに個人情報を出さないことです。万が一誹謗中傷されても本名や住所、職場、学校が分からなければネットの中で誹謗中傷されているだけの被害ですみます。実生活に影響が出ないのでアカウントをまた新しく取りなおせばやり直すことも可能です。職場や本名などの特定につながる情報を書き込まないようにしましょう。

言動に気をつけましょう

ネット上で誹謗中傷される時、いわれのないことで攻撃される場合もありますが、誹謗中傷されている本人が原因を作り出していることも多いです。目の前に相手がいないのでつい気が大きくなって乱暴な言葉づかいをしたり、攻撃的な内容の書き込みをしてしまう人は注意したほうが良いですよ。ネットの外で言えないようなことは書き込まないほうが無難です。ネットにアップする前に1度頭を冷やして、その内容が適当なのか検討してから書き込みましょう。

あまり気にし過ぎない

インターネット上にはいろいろな人がいます。自分とは考えの違う人は当然いますし、なかには偏った考えを持っている人もいます。このため、万が一誹謗中傷されても気にし過ぎないほうが良いです。気にして反応すると誹謗中傷した人は面白がってさらに攻撃してくる可能性があります。自分に非がないと自信がある場合は、反応せずにどっしり構えていたほうが良いこともあります。そうすれば誹謗中傷する人も飽きて他へ行ってくれるかもしれませんよ。

2ちゃんねるの書き込みは簡単に削除することはできません。そのため、2ちゃんねる削除を行いたい場合は、弁護士に相談するとよいでしょう。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。