インターネット上の誹謗中傷の対策とは!!

意外と簡単に対策はできます

インターネットでは様々な人が匿名で発言をすることができます。しかし、匿名といっても、実は多くの場合、どこの誰なのか、と言うのが法律的に正しい手続きをすればわかります。個人の罵倒でもそうですが、企業に関する意図的な賤しめであれば、それは対策したほうがよいです。掲示板であればそれの管理者、プロバイダーに弁護士を介して連絡をします。それで情報を開示することができるようになります。これにより、相手の情報がわかります。

裁判に持ち込むかどうか

そこまですることはしないとしても、掲示板の管理者などに削除するように要請することもできます。非常に手間はかかりますが、意外と対処してくれる可能性は高いです。所詮、個人を追い込んだとしても手間のほうが費用的にかかります。誹謗中傷に関する対策としては、反応しない、余りにも人過ぎる中傷であれぱ法的な手続きを取る、と言う意識を強く持っておき、それを示しておくことです。そうすればやる人がはっきりと減っていきます。

手続きが面倒ではありますが

ネットでの匿名性を問題視する人が多いですが、実は手続きをすれば余程、海外のサーバーを複数介してやっていない限りは追えます。しかし、それには色々と法的な手続きが必要になりますし、そこまでやるべきか、と言うのがあります。大企業であれば、一罰百戒として一人、あまりにも酷い誹謗中傷をしているのであれば、つるし上げる必要がありますが、そうでないのであれば確然たる態度、対処をすることをアピールするだけでも意外と対策となります。

インターネット上で誹謗中傷被害を受けないためには書き込まないことが第一ですが、どんな時でも冷静でいることが誹謗中傷対策になります

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。