ビットコインとは様々な使い道がある!!!

コンピュータの通貨になります

ビットコイン、と言うのを聞いたことがあるでしょう。一時期、物凄く流行したことがあります。話題になりましたから、原理はわからないが名前くらいは知っている人は多いです。要するにコンピュータが作り出している通貨になります。無制限に作れるわけではなく、理屈の上では有限です。これらの価値はしっかりと数量的に担保されていますから、いくらでも需要が高まっても、極端に供給が増えるわけではないです。そこが現物通貨との違いです。

コンピュータ資源を使っている

コンピュータ資源を使っていますから、ビットコインは価値が少なくとも供給のしすぎで暴落することはないです。但し、現に貴金属を使っているとか政府が発行しているのでその価値が担保されているわけでもないので、良し悪しの判断が出来ない人が多いです。新しい概念と言うのは得てしてそうしたことがあります。それでもメリットがあると言い切れるのは決済に使えることがあるからです。様々な支払いとして受け付けているところがあります。

使えなく可能性はあるのが

一番の不安となっているのは、使えなくなることがあるのか、という点です。これはまだよくわかっていないことです。受け取ってくれるところがなくなってしまうとそうなります。国が認める通貨ではないので、誰も欲しくなくなったら意味がなくなります。そうした意味ではリスクがある資産になります。しかし、思いっきり価値が騰がることも期待できます。通貨としての使い道よりも今は投機としての価値を見出されているのが現状です。

仮想通貨のビットコインは流通量や需要により価値が変動するのが特色で、決済目的ではなく投機目的の金融商品としても利用されます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。