新入社員研修における訓練学習の事例ーその3選

お辞儀の仕方について

学生時代から社会人となるための最初の研修が新入社員研修です。この研修を受講できるのは定期採用組で、会社によっては行わないところもあります。従って、受講できた人はラッキーです。家庭における躾がなされない時代ですから、お辞儀の仕方から訓練をします。特にデパートなど小売業界は行動の基本になりますので定規を当てて角度を計り、その姿勢を身体で覚え込ませるまで訓練を行います。一度覚えれば生涯の財産になります。

あいさつの仕方について

会社に出社をすると上司や先輩がたくさんおります。毎日のことですが、一日の始まりであいさつが出来るかどうかで気分も違いますし、これが出来なければ先輩からは「生意気な奴」と思われてしまいます。仕事にも影響が出てしまうので大切な訓練となります。ところが、そう考えていてもタイミングが分からないで戸惑っているうちに「おはようございます」を言わないこともあります。それを特訓するのが研修で、新人は先輩の顔を見た瞬間に離れていても挨拶をするものです。

毎日発生の仕方の特訓

挨拶を本人はしているつもりでも、相手に伝わらなければ「挨拶」になりません。小さな声では伝わりませんし、地面に向かって話していては声が伝わりません。そのために、大きな声で毎日発声の練習を行います。これは口の開け方から、発生を腹式呼吸の要領で行います。学生時代に演劇部で鍛えた人は、よい事例となるでしょう。大声をだすのではなく、相手に綺麗な声を届ける訓練になります。話し声と挨拶や電話の声は違うのが社会人です。

社員研修とは、企業が自らの従業員に具体的な仕事内容や職業能力、基礎的なマナーなどの能力を高める目的で行う研修のことです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。