始めての方へのホームページ作成の仕方!CSSなんて必要ない作成の仕方とは?

CSSってそもそも何

CSSとはスタイルシートと呼ばれ、ホームページを直接表示させるためのHTMLLファイル意外に設けられるファイルですよ。CSSはHTMLLファイルの装飾の内容について記載するファイルであり、例えば、コンテツの大きさや、文字の大きさ、コンテツとコンテンツの間の距離などの命令文を記載をします。一般的にCSSを利用してホームページは作成されますが、何も必ずCSSファイルが必要と言う訳では無く、HTMLファイルのみでホームページを作成する事も可能ですよ。

CSSファイルで利用するブロック要素の変わりとは

ホームページと言うのは、コンテツと言う一つのブロックが積み重なりあって表示していますよね。例えば、サイドバーとして利用するブロックや、本文と言うブロック、又はトップ画像と言うブロックです。このブロックの枠組は、CSSで作成する事が一般的ですが、HTMLファイルのみで表現する事も可能であり、そのために利用するHTML言語はテーブルタグと呼ばれるタグになりますよ。テーブルタグと言うのは、一般的に表計算ソフトみたいな表を作成するために利用するタグですが、表の中にある枠一つ一つをブロックの様に扱う事も可能であり、その中に本文や画像を流し込む事で作成する事が出来ます。表計算ソフトでは枠の線が表示されますが、テーブルタグは枠の線を消す指定をする事が出来るため、一般的に見られる様なホームページを作成する事が可能になりますよ。

テーブルタグはコンテツ間の距離を空けるのも容易

CSSファイルを利用すると、コンテツとコンテンツの間の距離を指定をして、見易いホームページを作成する事が出来ますよ。テーブルタグにも距離を指定する事が可能であり、テーブルとテーブルの間を改行タグなどを利用する事によっても距離を離す事が可能です。HTMLファイルだけで作成する方が簡単だと思われるかもしれませんが、多くのページにある共通的な内容に対して変えたい場合は、CSSファイルがあると便利になりますよ。CSSファイルの内容を変えるだけで、全てのページに対して適応する事が可能になるためです。始めての方と言うのは、数ページのみ作成する事が一般的であるため、テーブルタグを利用する事で、簡単に作成する事が可能になると言えるでしょう。

ホームページ制作を行う際、専用ソフトを活用することで、専門的な知識が無い場合でも比較的簡単に仕上げることができます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。