人の目を引き付ける!訪問者の多いweb制作のためのポイント

htmlだけでは足りない

ブログなどのサービスを使わずに、本格的にホームページを作るとき、多くの場合はhtmlファイルを作る必要があります。それをサーバーにアップロードすることで他の人に見てもらうことができます。しかし、最近のものの多くは、htmlだけでは作られていません。他の言語を取り込むことで、さらに様々なことができるのです。html以外の言語を取り込むことで、より見た目の良い物を作ることができ、多くの人が訪れるようになります。

見た目の良いホームページを作るには

色を付けたり、簡単な動きを加えることで、見る人によりよい印象を与えることができます。また、配置にも工夫することで見やすく、機能性の高いものになります。そのためにはcssを始めたスタイルシートの言語を取り込むと良いでしょう。また、最近のものではスマートフォンに対応したウェブページもあり、それらの多くもcssを利用することで、より小さな画面でも見やすいシンプルな配置にできます。活用して多くの人が訪れるようにしましょう。

さらに高機能なwebページを作るには

cssだけでは足りない場合もあります。更に複雑な動きをするものを作るにはjavascriptやjqueryなどの更に難しい物を取り込む必要があります。これらを利用することでブラウザー上で動くゲームを作ったり、簡単なプログラムを作ることができます。これらを駆使することで、プロ並みのクオリティのホームページを作ることができます。工夫を凝らすことで、多くの人が訪れるwebページを制作できます。上手に活用しましょう。

web制作を専門業者へ依頼することで、素人が制作する場合とは違った高品質な仕上がりとなり、見栄えの良さや操作性に優れた状態を目指せます。

ホームページ制作までのプロセスを紹介します

自身のホームページに合ったサーバー運営会社を探す

ホームページを制作するには土台となるサーバーが必要になります。サーバーを自分で作るにはコストも手間もかかるのでオススメはできません。サーバーは安くレンタルできるので運営会社と契約しましょう。運営会社を選ぶ基準は制作予定のホームページのスタイルになります。記事のみのホームページであれば容量の小さなプランを提供してくれる運営会社で十分です。料金も月額500円程で契約できます。画像や動画をメインに取り扱うホームページであれば、容量の大きなプランを提供する運営会社を選びましょう。月額1,000円程で契約できます。

独自ドメインを取得する

サーバーをレンタルした後は独自ドメインの取得が必須になります。ドメインは世界に一つだけのもので、ネット上の住所とも呼ばれています。つまり、検索エンジンで自身のホームページを探してもらう際に必要となってくるものです。ドメインには様々なバリエーションがありますが、どのドメインを取得してもホームページの運営には影響はありません。独自ドメインもレンタルする形になるので、管理しやすい様にレンタルサーバー会社から取得するのがオススメです。レンタル料金は年間で1,000円程になります。

SEO対策を意識しながらホームページ制作をする

ホームページを制作しても、訪問者が居なければ意味がありません。集客するにはSEO対策をしっかりとする必要があります。SEO対策には専門の会社があるので依頼するのも一つの賢い手段です。自身でSEO対策をするのであれば、検索エンジンで上位表示され易いキーワードを意識的に盛り込んだコンテンツを作る必要があります。一般的な例として、「タイトルや見出しには必ずキーワード盛り込む」という方法があります。また、タグなども注目が集まりそうなキーワードにすると効果的です。

レンタルサーバーを利用することで、メンテナンスなどの作業は業者に任せることができ、より手軽に利用できます。