簡単にホームページ制作!WordPressを導入する3つのメリット

テーマの利用で必要最低限の知識で記事投稿できる!

ホームページを作りたい方は、お店のサイトを作りたいという方から、アフィリエイターとして商品を紹介して購入してもらうことで報酬を得たいという方まで目的はさまざま。ただ、ホームページを一から制作するのは、正直骨が折れます。サイトの骨組みとなるHTMLを打ち込み、CSSでコーディング、場合によってはjavascriptで動きをつけたりという作業も必要になるでしょう。ブログを作るならこれらの知識を持ち合わせていない方にとっては、一つ一つ覚えることさえ面倒なことです。そんな手間を解決してくれるのがWordpressです。あらかじめ作られたオシャレなテーマ(ひな形)を利用すれば、ブログの更新程度ならWordで文章を書く感覚で記事を投稿、管理ができるため、初心者でも非常に簡単に扱えます。少しでもHTMLやCSS、PHPなどの知識がある方ならテーマの内容をカスタマイズできる自由度の高さも人気です。

最初からスマホ対応のレスポンシブサイトが作れる!

最近では、サイトの閲覧に用いられるデバイスは、主流がデスクトップPCからスマートフォン(スマホ)へと変化しつつあります。この流れを受けて検索サイトのgoogleは、スマホ用に表示できるサイトを検索の上位に表示させる方針を示しているため、今後作られるホームページはスマホ対応が必須といえるでしょう。しかし、それはデスクトップ用とスマホ用の2通りのサイトを作らなければいけないという意味ではありません。閲覧するデバイスの幅に応じてテキストの折り返す幅を自動で調節してくれたり、レイアウトや表示内容も変えてくれたりする。そんな「レスポンシブサイト」を、Wordpressなら自分で構造を書かずとも作れてしまうので、手間がかからずとてもありがたいことです。

プラグインでサイトの機能を拡張できる!

最後に、Wordpressを導入する大きなメリットとして「プラグイン」機能が充実していることに触れておきましょう。Wordpressはフリーのオープンソースとして、世界各地のプログラマーが機能を拡張させるプラグインを日々開発し、改良を重ねています。例えば、スパムコメントを自動的に排除してくれる機能や、検索の上位に少しでも近づけるように「SEO対策」のお手伝いをしてくれる機能、投稿した画像の容量を最適化して軽くすることで表示を容易にさせてくれる機能など、数えればキリがありません。多くの方が導入していることもあって、参考書が市場に数多く出回っているのも、手が出しやすい理由の1つでもあります。アプリケーション自体は無料でダウンロードできるので、サイトの内容を保存するレンタルサーバーさえ用意すれば、すぐにでも始めることができるでしょう。本格的なホームページの立ち上げを考えている方から、とりあえずブログを書いてみたいと思う方まで気軽に導入できるので、利用してみてはいかがでしょうか。

レスポンシブとは一つのファイルでスマートフォンやタブレット端末、パソコン等の様々な機器の画面サイズに対応する技術のことです。

常に忙しい訳ではない事!ネットワーク監視の意外なあるある

意外と夜中や早朝は暇

必ずしもトラブルが発生している訳ではないので、意外にも暇な時間を過ごす事が多いのがネットワーク監視になるんですよね。その中でも夜中や早朝は、ネットワークに関するトラブルも発生しにくいので、暇な時間を過ごす事が多いんですよ。この時間帯は睡魔なども発生するので、ある程度注意する事が必要ですよ。また暇だからといって、気を抜いていい訳ではないので、何時発生するか分からないトラブルに対処できる準備をする事が求められますね。

空いている時間を利用してネットワークの勉強

多くの空き時間がどうしても発生してしまった場合には、ネットワーク監視を実施しつつ、ネットワークの勉強をしている事が意外にも多いですね。ネットワーク関連の資格はたくさんあるので、資格を取得する事で自己鍛錬をする事ができるでしょう。問題なく監視を行えている場合には、勉強を実施しても怒られる事はそうないんですよね。逆に自己鍛錬をしている姿を見せる事ができるので、人によっては好印象を与える事もできるんですよ。

食事は交代で取る事がほとんど

お腹が空いて食事をしたいという状況が発生した時は、ネットワーク監視を行っている方が交代で実施する事がほとんどですね。全員が食事に行ってしまうとネットワーク監視を行う事ができなくなるからです。暇な時間が発生している場合でも、正直何が起こるのか分からないのがネットワークです。不正アクセスなどが頻繁に行われており、油断する事は決してできないですね。そこで食事を実施する時も交代制になっているのが一般的な環境でもありますよ。

通信回線やネットワーク上で送受信される信号やデータを管理したり整理したりすることを、フロー監視と言います。これがちゃんとできていないと通信が不安定になったり、通信不能に陥ったりします。

どれも知っておきたい3種類のネットワーク監視

侵入を検知するネットワーク監視

企業がネットワークを利用するのが当たり前になっている昨今、ネットワークのトラブルは致命傷にもなり得る問題です。世界中の人々に大きな影響を与えてしまうことも起こりえます。そこでネットワーク監視のシステムを導入するところが多くなっています。監視において最も大事な要素の1つが侵入を検知することです。自社のネットワークに侵入されると情報の漏洩、消去、複製などいずれも取り返しがつきにくいトラブルに繋がっていくので早急な検知が必要とされています。

サーバダウンを防ぐネットワーク監視

他にもネットワーク上の負荷を計測するシステムもあります。現代、インターネット上で扱う情報の量は莫大となっていてサーバはギリギリの状態となっていることも珍しくありません。ひとたびサーバがダウンしてしまうとたくさんの人々に影響を与え、企業への信頼を揺るがす事態になりかねません。そのため、サーバの負荷は365日絶え間なくしっかりと監視し、何か異常があればすぐに知らせるシステムを構築しておくことが大切です。

業務を円滑にするネットワーク監視

もう1つは社内ネットワークの接続に関する監視です。社内のネットワークでトラブルが発生すると業務が大きく滞ってしまい、生産性が落ちるだけでなく、顧客に対して対応できない事態も起こり得ます。そこで接続環境を常に監視し、トラブルを発生させないようにします。接続障害は思いもよらぬタイミングで発生することもあるので、細かい変化を見逃さない監視が必要なのです。今ではネットワークで情報共有を行っている企業が多く、ネットワークエラーによる影響は計り知れません。

ネットワーク監視とは、ネットワークの状態を確認する仕事です。モニターを眺めているのが主な仕事となります。

会社における信用!!個人情報を守る姿勢を示す指標

インターネットの普及による個人情報の問題

インターネットの登場により誰でも自由に情報を得る事ができる世の中になってきていると言えるかもしれませんが、それに伴う問題もあるでしょう。その問題の一つに個人情報の漏洩があり、様々なインターネット上でのサービス利用におけるユーザー登録などで生じる情報入力した個人情報が何らかの原因で漏れてしまう点が問題の一つとして挙げられます。ユーザーが安心してサービス利用できない状況が、サービスに対しての疑心暗鬼を生む事もあるかもしれません。

個人情報を取り扱う会社として

サービスを利用する側に対しての会社側の対応としては、このような状況下で個人情報の管理においては最重要とも言える項目の一つであり、十分な対策を取る必要があるでしょう。一度でも個人情報を漏洩してしまえば、会社としての信用回復は容易ではないと言えます。また、新しいサービスなどを展開していく際にも、個人情報を取り扱うようなサービスであれば利用者が安心して利用できる根拠を提示しなければ、利用者獲得が遠のく場合もあるかもしれません。

プライバシーを守っている会社の指標

インターネット上でのサービスを提供しているような会社においては、顧客のプライバシーを守る事は重要な事であり、漏洩しないように対策している所ばかりでしょう。セキュリティーに関する事はもちろんの事、それ以外でも個人情報をどのように管理しているかあるいはどのような管理をしたらいいのかをマニュアル化するためにも、プライバシー対策管理のための検査を定期的に受けている証明などを取得するような企業も存在します。資格のようなものですが、会社単位で取得できるものですので検討してみるのも良いです。

シュレッダーとは会社の機密書類や家庭で出た不要書類などを細かく刻んで処分することができる裁断機械です。

そこまで難しくはない!ネットワーク監視の作業

マニュアルが準備されている事がほとんど

新規でネットワーク監視を実施する場合以外は、既存の方法でネットワーク監視を行う事がほとんどなんですよ。その為マニュアルが準備されている事が非常に多いので、初めてネットワーク監視の作業を行う事になっても、無理なく作業を行える可能性が非常に高いんですよね。マニュアル通りにネットワーク監視を行えばいいので、特に難しい事はありませんよ。その為ネットワークエンジニアの方でも新人の方がよく担当する作業内容にもなっているんですよね。

24時間監視を行う事が非常に多い

ネットワーク監視で大変な部分としては、24時間監視を行わないといけない部分です。ネットワークは必ずしも昼間だけ利用している訳ではありません。昼間だけではなく夜中もネットワークを使用している事が非常に多いので、24時間監視を行う事がほとんどのケースになっているでしょう。昼間はそこまで辛さを感じないかもしれませんが、夜中のネットワーク監視は睡魔が発生するので、しっかりと睡眠を取って仕事を行わないといけないですね。

異常が発生した時はすぐに連絡もしくは処置を実施

万が一ネットワークに対して、異常が発生してしまった場合にはエンジニアに報告したり、処置を実施しなくてはいけないんですよね。ネットワークの異常が出たからといって、見逃したりすると深刻な事態が発生するのでくれぐれも注意してもらいたいですね。どんな異常でもネットワークにとっては、大きなダメージを与える可能性があります。そのような事態を事前に回避する為にも、異常時は誰よりも早い迅速な行動が求められてきますね。

コンフィグ管理では保守管理の管理業務の効率化を検討する企業において、費用対効果を考え圧倒的に支持されています。

何を気をつければいいの?ネットの誹謗中傷対策

個人情報をむやみに出さないようにしましょう

SNSやブログをやっていて誹謗中傷されたらどうしようと考えている人もいるかもしれませんね。誹謗中傷対策で一番大切なことはむやみに個人情報を出さないことです。万が一誹謗中傷されても本名や住所、職場、学校が分からなければネットの中で誹謗中傷されているだけの被害ですみます。実生活に影響が出ないのでアカウントをまた新しく取りなおせばやり直すことも可能です。職場や本名などの特定につながる情報を書き込まないようにしましょう。

言動に気をつけましょう

ネット上で誹謗中傷される時、いわれのないことで攻撃される場合もありますが、誹謗中傷されている本人が原因を作り出していることも多いです。目の前に相手がいないのでつい気が大きくなって乱暴な言葉づかいをしたり、攻撃的な内容の書き込みをしてしまう人は注意したほうが良いですよ。ネットの外で言えないようなことは書き込まないほうが無難です。ネットにアップする前に1度頭を冷やして、その内容が適当なのか検討してから書き込みましょう。

あまり気にし過ぎない

インターネット上にはいろいろな人がいます。自分とは考えの違う人は当然いますし、なかには偏った考えを持っている人もいます。このため、万が一誹謗中傷されても気にし過ぎないほうが良いです。気にして反応すると誹謗中傷した人は面白がってさらに攻撃してくる可能性があります。自分に非がないと自信がある場合は、反応せずにどっしり構えていたほうが良いこともあります。そうすれば誹謗中傷する人も飽きて他へ行ってくれるかもしれませんよ。

2ちゃんねるの書き込みは簡単に削除することはできません。そのため、2ちゃんねる削除を行いたい場合は、弁護士に相談するとよいでしょう。

誹謗中傷につながるため、ネット活用も注意が必要?!その重要点とは

ソーシャルネットワーキングサービスの注意点

ソーシャルネットワーキングサービスに、取り込んだ画像や料理の画像などを、気楽な気持ちでアップする方は、よく見られます。ここで意識しておきたいのは、カメラについているGPSになります。こちらの機能が、画像にキャプチャーした場所の位置に関するデータが記録されます。そうすると、個人情報が漏れる場合があります。撮影する前に、GPS機能を一度チェックしましょう。初期のセッティングに戻したことを経験した方は、とりわけ再点検しましょう。

インターネットブログの記事作成で気を付けること

インターネットブログなどで著名人について、個人的な感想を書く方が、います。ファンが結構多い著名人だと、ファンによる非難の可能性も念頭においた方が、良いでしょう。とりわけ、ブログにご自身の画像をアップしている方や、勤務先を書いていると、特定される恐れがあります。インターネットはあれよあれよという間に中身が大きくなります。人物に対する記入をする際には、その危険性をしっかりと考えてからしてみるべきです。

レビュー記事は慎重にしましょう

好感を持てた商品について、評価するウェブサイトにおいて、満点を付けて推薦する方も、少なくありません。賞賛し過ぎると、読んだ人から、業者と疑問視される事があるようです。実際のところ、偽評価の代行業者も、問題になりました。専門業者の記入を、とにかく拒絶する方がいるので、ご自身の顔の画像付きで出稿されている人は、気を付ける必要があります。巻き込まれてしまうと、誹謗中傷に繋がってしまう可能性もありえます。

サジェスト対策を業者に依頼すると掲載までのスピードが早く、ペナルティに怯えることがないので安心できます。

インターネット上の誹謗中傷の対策とは!!

意外と簡単に対策はできます

インターネットでは様々な人が匿名で発言をすることができます。しかし、匿名といっても、実は多くの場合、どこの誰なのか、と言うのが法律的に正しい手続きをすればわかります。個人の罵倒でもそうですが、企業に関する意図的な賤しめであれば、それは対策したほうがよいです。掲示板であればそれの管理者、プロバイダーに弁護士を介して連絡をします。それで情報を開示することができるようになります。これにより、相手の情報がわかります。

裁判に持ち込むかどうか

そこまですることはしないとしても、掲示板の管理者などに削除するように要請することもできます。非常に手間はかかりますが、意外と対処してくれる可能性は高いです。所詮、個人を追い込んだとしても手間のほうが費用的にかかります。誹謗中傷に関する対策としては、反応しない、余りにも人過ぎる中傷であれぱ法的な手続きを取る、と言う意識を強く持っておき、それを示しておくことです。そうすればやる人がはっきりと減っていきます。

手続きが面倒ではありますが

ネットでの匿名性を問題視する人が多いですが、実は手続きをすれば余程、海外のサーバーを複数介してやっていない限りは追えます。しかし、それには色々と法的な手続きが必要になりますし、そこまでやるべきか、と言うのがあります。大企業であれば、一罰百戒として一人、あまりにも酷い誹謗中傷をしているのであれば、つるし上げる必要がありますが、そうでないのであれば確然たる態度、対処をすることをアピールするだけでも意外と対策となります。

インターネット上で誹謗中傷被害を受けないためには書き込まないことが第一ですが、どんな時でも冷静でいることが誹謗中傷対策になります。

ビットコインとは様々な使い道がある!!!

コンピュータの通貨になります

ビットコイン、と言うのを聞いたことがあるでしょう。一時期、物凄く流行したことがあります。話題になりましたから、原理はわからないが名前くらいは知っている人は多いです。要するにコンピュータが作り出している通貨になります。無制限に作れるわけではなく、理屈の上では有限です。これらの価値はしっかりと数量的に担保されていますから、いくらでも需要が高まっても、極端に供給が増えるわけではないです。そこが現物通貨との違いです。

コンピュータ資源を使っている

コンピュータ資源を使っていますから、ビットコインは価値が少なくとも供給のしすぎで暴落することはないです。但し、現に貴金属を使っているとか政府が発行しているのでその価値が担保されているわけでもないので、良し悪しの判断が出来ない人が多いです。新しい概念と言うのは得てしてそうしたことがあります。それでもメリットがあると言い切れるのは決済に使えることがあるからです。様々な支払いとして受け付けているところがあります。

使えなく可能性はあるのが

一番の不安となっているのは、使えなくなることがあるのか、という点です。これはまだよくわかっていないことです。受け取ってくれるところがなくなってしまうとそうなります。国が認める通貨ではないので、誰も欲しくなくなったら意味がなくなります。そうした意味ではリスクがある資産になります。しかし、思いっきり価値が騰がることも期待できます。通貨としての使い道よりも今は投機としての価値を見出されているのが現状です。

仮想通貨のビットコインは流通量や需要により価値が変動するのが特色で、決済目的ではなく投機目的の金融商品としても利用されます。